【超基本】お寺の正しい参拝方法はコレ!基本のお作法を抑えて正しい寺院めぐりを

観光や、パワースポット巡りに行った際、寺院などに出向く方も多いかと思いますが、正しい参拝方法はご存知ですか?

基本の参拝方法を押さえて、正しい参拝を行いましょう!

参拝というと、二拝二拍手一拝を思い浮かぶ方もいるかと思いますが、この参拝方法は神社でのお詣りです!

ここでは寺院での参拝のキホンをご紹介!

お寺で拝む対象は仏様。失礼のないよう参拝をしましょう。

参拝のキホンの流れ

1:山門をくぐる

2:手と口を清める

3:撞木(しゅもく)をつく

4:線香・ロウソクをお供え

5:いよいよ参拝


1:山門をくぐる

お寺では、山門が入り口となるため、参拝のスタートはココから!

入口の前で帽子などは外し、きちんと服装を整え軽く一礼し山門をくぐります。敷居はまたいで入るのがマナー。踏まずに渡りましょう。また、参道の真ん中は仏様の通り道となっているため、必ず端を歩くよう気を付けてください。

2:手と口を清める

本堂での参拝の前に水で身を清める必要があります!

「手水舎(ちょうずしゃ)」に寄り、水で手を洗い、口をすすぎます。(お寺によっては、手水舎がない場合もあります。その場合は、先に進みます。)


清める手順

①右手に柄杓(ひしゃく)を持って左手に水をかけて清める。

②左手に柄杓を持ち直し、右手に水をかけて清める。

③柄杓を右手に持ち直し、左の手のひらに水を少しため、口をすすぐ。

④左手に水を掛けて清め、柄杓を垂直に立てて残りの水を柄杓の柄に流し、元の位置に戻す。


3:撞木(しゅもく)をつく

撞木とは寺院に置いてある鐘のことです。

本堂参拝前に鐘を撞きます。仏様へ挨拶をする意味で鐘を鳴らしてください。

鐘を撞く際は静かに行うのがポイント!参拝後に鐘を撞く行為は「戻り鐘」といわれ、縁起が悪いので避けてください。※お寺によっては、鐘を撞くのを禁止している場所もあります。

4:線香・ロウソクをお供え

本堂近くに燭台(しょくだい)と香炉(こうろ)が用意されている場合、参拝前にお線香・ロウソクで献灯・献香を行ってください。

献灯は世間の闇を明るく照らし、仏様に正しい方向へ導いてもらうための行為。

献香は仏様をもてなす為・身を清める為に行います。

本数は宗派によって異なります。特に指定がない場合は1本で大丈夫です。火をつける時は、お寺の火種か持参のライターで付けます。他の参拝者のロウソクや参考から火をもらう行為は「もらい火」と呼ばれ、他人の業(罪や悪いもの)をもらい受けると言われており、NG行為となるので注意してください次の参拝者のため、ロウソクは奥から、線香は真ん中におくのがマナーです。

5:いよいよ参拝

残るは参拝!本堂へ行ったら、一礼してからお賽銭を静かに行います。

お寺でのお賽銭は、仏様にお金をささげ、金銭への執着を捨てるという修行の一つの行為となります。(修行といっても、金額は関係ないのでご安心を。)

その後、鰐口(わにぐち)があれば鳴らします。鰐口は鐘と同じく、仏様への挨拶にあたる行為なので、優しく鳴らすのがマナー。鰐口がない場合はそのまま参拝をします。

姿勢を但し、目を閉じて静かに合掌。合掌したまま、本堂へ向かって一礼しその場を離れます。

神社とは異なり拍手は不要となるので注意してください。

これが、お寺の正しい参拝方法!

神社とは少し違うので、基礎知識を身につけて寺院巡りをしてみてください。

関連記事

  1. 仏壇はどうやって処分したらいい?4つの方法と相場を解説!

  2. お寺で開催されているイベントにはどんなものがある?代表的な4つのイベントを紹介

  3. 人形供養は日本独特の習慣?歴史や注意点について解説!

  4. オンライン法事への試み

  5. お寺でバイト!仕事内容はどんなもの?

  6. 集めたくなる!お寺ごとに個性豊かな御朱印の魅力

  1. あなたは好き?嫌い?仏教と蛇の深い繋がり

  2. 北枕はなぜ縁起が悪いの?風水と仏教の関係は?

  3. 悪いことをすると地獄に落ちる!?仏教における地獄の世界

  4. カレンダーにある六曜の意味とは?冠婚葬祭との関係性

  5. 落語のルーツは仏教だった!

記事