お布施だけではない!お寺へのお礼にはどんなものがある?

葬儀やお墓の管理などお寺にお礼をしなければならない場面は数多く存在します。状況によって、呼び方も様々です。包み方や納め方はどのようにしたら良いのでしょうか。今回は、お寺へのお礼の種類とマナーについて詳しく解説していきます。

お寺へのお礼には種類がある

お寺に渡すお礼には、いくつか種類があります。代表的なものをここで挙げておきます。

お布施(おふせ)

まずはじめに最も有名な「お布施」。お布施は葬儀の際に行う経読や戒名を授与して頂いた時の謝礼です。一般的に金銭を渡しますが、見返りを求めずに施されるもの全てに当てはまるので、品物を送る場合もあります。

預骨御礼(よこつおれい)

火葬された骨を納骨までの間、お寺に預かっていただく場合「預骨御礼」を渡します。遺骨は納骨まで自宅で安置するのがベストですが、急に亡くなってしまったなどの理由で遺骨を納めるお墓も供養の方法も決まっていないことがあります。そのような時は、お寺で遺骨を一時預かりすることができます。

御佛礼(ごぶつれい)

ご本尊や仏具、打敷、お棺の上にかける七條などお寺から何かを借りた場合は「御佛礼」を渡します。物の数によってお礼の金額も変動するのが特徴です。お布施とは別物ですので、渡す際も封筒を分けるのがマナーですよ。

祠堂料(しどうりょう)

「祠堂料」はお寺の本堂を修繕・管理するためにあります。お布施の一部なので、まとめられることも。宗派によって異なりますが、お寺の年間行事にある「永代経法要」の際に納めることが多いです。

護持費(ごじひ)

「護寺費」とも書きます。お墓の管理や寺院を維持するために年に一度納める費用のことを指します。いわば「お寺の年会費」のようなものとして捉えておきましょう。

それぞれ相場はどのくらい?

お布施に関しては、宗派や地域で差がないのが特徴です。葬儀や法要、法事などのお布施は3〜5万円が相場になっています。葬儀全体の費用はお通夜と告別式を合わせて10〜15万円程度なので、そのうちの3〜5割と覚えておけば良いですね。葬儀費用には、お布施の他にもお車代や御膳料、戒名料などが含まれます。気になる方はお布施の内訳まで調べてみると何にどのくらい使われているのか把握することができますよ。

納骨は通常、四十九日法要で行われますが、何らかの事情で納骨できない場合は、預骨御礼も葬儀費用と一緒に納めなければなりません。預骨御礼は一般的に1~2万円ほどの額をお包みします。これは納骨までに5回もしくは6回お勤めがあることから、1回につき2,000~3,000円として算出しているようです。

ちなみに民営霊園の一時預かりは年間12,000円程度、公共霊園の場合は年3,000円程度です。申し込み条件などそれぞれメリットデメリットがありますので、家族や親族での話し合いは必要不可欠でしょう。

先祖代々、特定のお寺で法要や法事を行なってきている場合はそのお寺との繋がりも深いはずです。両親や親戚にお布施がいくらなのか聞いてみるのも良いでしょう。また、最近では、お布施の金額をお寺独自で一覧にしている場合もあります。明確に金額が知りたい場合はHPを確認したり、実際に問い合わせをして確認してみるのも手段の一つです。

御佛礼については、先程も言ったように借りた物の数や仏様によって異なるので、相場というものがありません。3〜10万円程度を渡す場合が多いようです。

護持費もお寺との付き合いによっても金額が異なります。詳しくはお世話になっている寺院に問い合わせることをおすすめしますが、一般的には5千〜3万円ほどだと言われています。

表書きはなんと書けばいい?

お寺にお礼を渡す際は紙幣を封筒に入れるのが一般的です。封筒には何が入っているか分かるように名前を書きますが、封筒に記載する文字のことを「表書き」と言います。

表書きを書く場合は「お布施」や「御布施」と記入しましょう。お寺へのお礼はご紹介したように様々なものがあります。御車代や御経料、御膳料、御戒名料などはまとめて「御礼」と書くことがほとんどです。しかし、実際のところ、書き方に明確な決まりはないので、何も書かずお渡ししても良いとされています。

氏名の書き方

表書きを書いたら、その下に自分の氏名を書きます。一般的には、喪主のフルネームを記載することがほとんどです。家族で代表して書きたいという場合には、封筒の表側に「○○家 苗字」と書き、裏側に喪主のフルネームを書きます。

また、代表者が複数いる場合は記載する名前を3名までに縛りましょう。表書き、例えば「お布施」の文字の下に目上の方の氏名を記載します。その他2人の氏名は左側に沿って書きます。

代表者が3名以上の場合は中心となる代表者の氏名のすぐ左横に「他一同」や「外一同」と書き添えることもできます。

表書きを書く際のマナー

ここで表書きを書く際の注意点をお伝えしておきます。表書きは毛筆で書くのが望ましいと言われています。市販の筆ペンでも問題ありませんが、筆ペンには濃い墨と薄い墨があるため、注意が必要です。必ず濃い墨を選ぶようにしましょう。

ちなみに薄い墨は香典袋に用いるのが良いとされています。これは、突然の訃報で、文字を書く際に涙で墨の色が薄くなってしまったという意味合いから来ているそうです。

お寺へのお礼はどう包む?

お寺へのお礼する際の渡し方には2パターンあります。奉書紙に包むか、白い封筒に入れるかです。

奉書紙を使う場合は、まず半紙や白い綺麗な紙でお札を包みましょう。直に奉書紙に包むことのないように気をつけましょう。奉書紙はツルツルした面が表、ザラザラした面が裏になっています。

白い封筒を使う際は二重になっているものはお礼として相応しくないので、注意しましょう。不幸が重なるという意味合いが重なるという意味合いがあります。必ず一重の造りになっている封筒を使いましょう。

お札を入れる向きにもマナーがありますので、知っておくと良いです。お札は肖像画が描かれている方を封筒の表側になるように入れます。お寺へお礼をお渡しする際には、上に肖像画、下に金額面が来るようにして渡します。お札が複数枚ある場合はきちんと向きを合わせておきましょう。

包むお札は旧札でも新札でもどちらでも構いませんが、お布施の場合はなるべく旧札にしておくのがマナーです。新札であると、不幸を予測していたと捕らえられてしまう場合があります。逆に護持費などお坊さんに日頃の感謝としてのお礼の場合は新札の方が適していますので、一概には言えません。お礼の内容を考えて、どちらが良いか判断しましょう。

お寺へお礼を渡すタイミング

お寺へお礼を渡すタイミングは様々。お布施も葬儀前や葬儀後など特に決まっていません。自分のタイミングでお渡しに行きましょう。

葬儀前なら、お世話になる僧侶のところに出向き、「本日はよろしくお願いします。些少ではございますが、お礼でございます。どうぞお納めください。」とお礼を渡しに行きましょう。

葬儀後であれば、「本日は心のこもったお勤めありがとうございました。些少ではございますが、お礼でございます。どうぞお納めください。」と一言添えるのが一般的です。

僧侶にお礼を渡す際には、小さなお盆に載せたり、袱紗の上に置いて渡すのが好ましいです。文字の正面を僧侶の方に向けて差し出します。

お布施に限らず、他のお礼に関してもタイミングは個々に違います。ただ、祠堂料などは法要の際に僧侶から案内されることもあるので、その場合は指示に従いましょう。

関連記事

  1. マインドフルネスで注目されるお寺の坐禅効果とは?

  2. 7月盆(旧暦盆)期間を終えて

  3. アマビエと寺のGoogle Trends

  4. 『お盆』とは何をする時期なのか?

  5. 集めたくなる!お寺ごとに個性豊かな御朱印の魅力

  6. 厄年って何なの!?厄年はこう過ごすのがベスト!

  1. コロナによる7月のお寺お盆動向

  2. 仏教における輪廻転生する6つの世界がある

  3. お経って何を言っているの?有名な般若心経(はんにゃしんぎょう)…

  4. お寺のイメージ

    注目の「お寺カフェ」とはどんなカフェ?人気の理由を紹介

  5. お釈迦様は何歳まで生きてたのか

  6. 僧侶派遣のメリット・デメリットとは?

  7. 【お守り豆知識】買ったお守り、正しく返納してる?

  8. 落語のルーツは仏教だった!

記事