マインドフルネスで注目される座禅の効果とは?

昨今、耳にするようになった「マインドフルネス」。1度は聞いたことがある方も多いハズ。このマインドフルネスという言葉で注目されたのが座禅。「マインドフルネス」「座禅」この2つの効果について解説します!

「マインドフルネス」とは?

簡単に説明すると「今、この瞬間に集中すること」=雑念を持たず、リラックスをして今だけに集中し、研ぎ澄まされている状態の事です。まさに座禅と近い状態を指します。

最新の脳科学では「集中力UP」「自律神経回復」「ストレス解消」などの効果が実証されており、日本でもTVや雑誌などで注目を浴びています。

マインドフルネスは、日本だけでなく、世界で注目されています。マインドフルネス瞑想として医療の分野で始めに取り入れられ、その後アップルやグーグルなどの大企業の社員研修の一環として導入した事により、世界中での知名度が上がっていきました。

あの有名なiPhoneの生みの親、スティーブ・ジョブズも「禅」に興味を持ちお寺で修行をしたことがあるとか!?最近では、プロスポーツ選手たちのトレーニングの一つとしても取り入れているそうです。

現代人はあれこれ考えすぎ!

スマホなどで簡単に情報が入るようになった現代では、自然と多くの情報を頭の中に入れています。さらに、頭の中では不安や否定、恐怖、評価、過去の事など、場合によってはどうでもいい事など常に考え続けている状態に。気付かないうちにあれこれ考えているのです。

そうした状態の中では、事実が見えなかったり、ストレスが溜まっていく一方。そんな中でマインドフルネスとは、意識的に精神状態を改善する行為です。

マインドフルネス瞑想のやり方

代表的なやり方は5種類あるといわれていますが、今回は正座瞑想法を紹介!

・頭と首と背筋が一直線になるように床や椅子に垂直に座る
・呼吸に注意し集中。
・呼吸に集中できるようになれば、身体全体へ集中し浮かんでくる思考に向ける。
・最後には、意識を果然に開放し、注意を何も向けずただ座っている状態へ。

意外と難しい作業で、1日1回30分程度からはじめ、身体全体に集中が出来るようになれば時間を伸ばしていきます。

結局、マインドフルネス瞑想と座禅。同じように感じますが差は何なのでしょうか?

座禅とマインドフルネス瞑想の違い

まず、座禅とは――

座布団の上であぐらをかき姿勢を但して無念無想の境地で精神統一を行うこと。調身、調息、調心と言われ、姿勢、呼吸、心を整えるのが座禅の基本。

座禅中に邪念が入ったり、眠くなったり、姿勢を崩したりすると僧侶に肩をたたかれます。

マインドフルネス瞑想は叩かれないものの、やり方は同じようみ見えます。

瞑想するという行為自体は同じですが、実は本質が異なります。

マインドフルネス瞑想では、ストレス解消、気持ちの安定を保つなどメリットを求めて行います。一方で座禅は、仏教の修行を行う者たちの動機。利益を求めて行うのではなく、お釈迦様と同様の苦行に取り組むというのが座禅の本質になります。

とはいっても、マインドフルネスとして注目を浴びた座禅。行為としては同じもの。マインドフルネスで重要なのは、「今集中すること!」座禅も無になり集中することで同じ効果が得られます。情報が多すぎるこの時代に、疲れてしまった方は1度座禅・マインドフルネス瞑想をしてみませんか?

関連記事

  1. 坊主丸儲け!?実際の住職の収入ってどれくらい?

  2. オンライン坐禅会

  3. 『お盆』とは何をする時期なのか?

  4. あなたは好き?嫌い?仏教と蛇の深い繋がり

  5. 北枕はなぜ縁起が悪いの?風水と仏教の関係は?

  6. 【お守り豆知識】買ったお守り、正しく返納してる?

  1. あなたは好き?嫌い?仏教と蛇の深い繋がり

  2. 北枕はなぜ縁起が悪いの?風水と仏教の関係は?

  3. 悪いことをすると地獄に落ちる!?仏教における地獄の世界

  4. カレンダーにある六曜の意味とは?冠婚葬祭との関係性

  5. 落語のルーツは仏教だった!

記事