カレンダーにある六曜の意味とは?冠婚葬祭との関係性

カレンダーや手帳に書かれている「六曜」。普段は気にすることがなくても、冠婚葬祭など形式的な行事を行う場合は意識することがほとんど。

今回は、六曜の意味と仏教との関わりを冠婚葬祭の面から解説していきます。六曜を理解しておけば、冠婚葬祭の日取りを決める際にも役立ちます。

六曜とは?

「六曜」とは、日本で使用される暦の中でも最も有名な暦注です。元々は、中国が起源で、その日の吉凶を占うために使用されていました。

六曜は、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の順で繰り返されます。1週間は7日なので、1日ずつずれていきますが、旧暦で1日に来る六曜が決まっています。

1月・7月先勝
2月・8月友引
3月・9月先負
4月・10月仏滅
5月・11月大安
6月・12月赤口


そのため、六曜が突然途切れるという現象も起きています。

先勝

先勝は「せんしょう」と読みます。「先んずれば勝ち」という意味があり、何事においても急ぐ方が吉だと言われています。午前中が吉、午後2時~午後6時までが凶であるとされています。

友引

葬儀を行うことを忌み嫌うことの多い「ともびき」。「凶事に友を引く」という意味が込められており、友引には故人と仲のよかった人が呼び寄せられると言われています。そのため、葬儀は執り行わない方が良いとされています。

朝は吉、昼は凶、午後は大吉です。

先負

先負は「せんぶ」と読みます。「先んずれば即ち負ける」という意味があります。勝負事は避け、万事に平静であるべきとされています。午前中は凶、午後は吉です。急用でも別の日にすることがおすすめですね。

仏滅

仏滅は「ぶつめつ」と読み、「仏も滅するような凶日」の意味を持っています。何をしても凶と出るため、特に祝い事は避けるようにと言われています。

しかし、ある説では、「物滅」として「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」という解釈もあります。

大安

大いに安し」という意味を持つ「たいあん」。仏滅とは逆に、何をしても吉と出ます。そのため、宝くじの購入や仏壇の納品、開眼日を大安にする方も多いです。

大安吉日」という四字熟語はここから来ています。

赤口

赤口は「しゃっこう」や「せきぐち」と読みます。陰陽道の「赤舌日」に由来していて、凶日の意味があります。正午頃のみが吉で、あとは凶なので、仏滅と似たような意味合いです。

「赤」という字が付いているので、火事や刃物に注意する日だと伝えられています。

冠婚葬祭を行うのに良い日

六曜それぞれの意味が分かったところで、冠婚葬祭を行うのに良いとされる日をまとめていきたいと思います。

結婚式

結婚式を挙げるのに良い六曜は、「大安」と「友引」です。

大安は1日を通して、吉とされています。お祝い事をするのにうってつけの日となります。

友引は良くないと思われがちですが、慶事に関しては幸せのお裾分けという意味で使われることもあります。ただ、午前11時〜午後1時は凶なので、この時間帯は避けるようにしましょう。

葬儀・法事

葬式や法事を執り行う場合は「仏滅」に行うのが良いとされています。また、法事に関しては、「赤口」も正午だけですが、良いと言われています。

さらに葬儀や法事には気をつけなければならない六曜があります。それは、「友引」です。先程も説明した通り、友引は縁起の悪い日であるため、火葬場自体、友引を定休日としているところが多いです。葬儀は通常、通夜・告別式の2日で行われますが、通夜に限っては、友引に重なっても問題ないとされています。

あくまで迷信なので、そこまで六曜を気にしない方が現実的ですが、どうしても都合が合わず、仕方なく友引に葬儀をするという方は、「友引人形(身代わり人形)」をお棺に入れることをおすすめします。

葬儀や法事の日程を決める際には、六曜以外にも考慮しなければならない事柄があります。例えば、火葬場・葬儀会場が空いているかや遺族や親族のスケジュールなどです。何を重視するかが大切になってきますね。

関連記事

  1. 今からでも僧侶になれる?お坊さんになる道のり

  2. マインドフルネスで注目される座禅の効果とは?

  3. お寺の収入の仕組みってどうなってるの?

  4. 東京の根津から鶯谷散策

  5. お坊さんを呼ばなくても葬式はできる?

  6. 日常的に使うあの言葉も実は仏教用語!?由来や意味を解説!

  1. 悪いことをすると地獄に落ちる!?仏教における地獄の世界

  2. カレンダーにある六曜の意味とは?冠婚葬祭との関係性

  3. 落語のルーツは仏教だった!

  4. お坊さんを呼ばなくても葬式はできる?

  5. 仏教において猫は嫌われ者だった!?

記事