悪いことをすると地獄に落ちる!?仏教における地獄の世界

仏教における世界観の一つである地獄。一般的には大きな罪を犯した者が、死後に生まれる世界とされています。では、罪を犯さなければ地獄に落ちることはないのでしょうか?

そうではありません。実はほとんどの人が地獄へ落ちる可能性があるのです。今回は仏教における地獄の世界について、徹底的に解説します。

■地獄とは

地獄は生きている間に罪を犯すことにより導かれる死後の世界のことで、仏教における奈落と同じ意味です。

日本では死後の世界を多くの人がイメージしており、これには仏教の教えである「輪廻転生」が深く関わっていると考えられます。輪廻転生とは何度も生まれ変わりを繰り返すことで、そこから抜け出すには善い行いをしなくてはいけません。精神的にも肉体的にも浄化された状態となり仏となるまで、永遠にこの世とあの世を行き来するのです。

生まれ変わる世界は全部で六つ。これは「六道」と呼ばれており、このうちの一つが地獄とされています。六道には下位世界が地獄以外にも三つあります。

餓鬼道

鬼に生まれ変わる。地獄よりも苦しい。

畜生道

非業の死を遂げた者が落ちる世界。様々な動物に生まれ変わる。

修羅道

何度も戦い、死んで生まれ変わってはまた戦う、を繰り返します。

■なぜ地獄に落とされるのか

地獄に落とされる基準の悪は、法律上の罪ではなく仏教における五つの戒律を破ることです。

・不殺生…生き物を殺さない(肉を食べることも×)
・不妄言…嘘をつかない
・不倫盗…盗まない
・不邪婬…享楽に溺れない
・不飲酒…酒を飲まない

どれか一つでも破れば地獄行き。これではほとんどの人が地獄に行く可能性があるということになります。

■死後の審査

死後、約50日にも渡り様々な審査を受けなければいけません。

死者の魂はまず不動明王の前で、罪が全て記録された獄録をもとに書類審査を受けます。その後、釈迦の裁きを受け三途の川を渡ります。

次に文殊菩薩の裁きを受けますが、現世で邪淫のある者は猫によって乳首を噛みちぎられ、蛇に首を締め上げられてしまうとされています。その後に普賢菩薩の審判を受けます。ここでは現世での嘘について裁かれ、重罪は地獄、中罪は餓鬼道、軽い者でも畜生道に落とされます。

そして次に裁きを受けるのが、あの有名な閻魔大王。生前のあらゆる悪業を見ながら罪を裁きます。
その後弥勒菩薩の裁きを受け、最後に薬師如来の裁きを受けます。そこでは六つの鳥居があり、それぞれが六道のいずれかに通じています。ここで来世に生まれ変わる世界の判決が下されるのです。

■地獄の種類

審査の後地獄へ行くことが決まると、罪の重さによって八つの内どの地獄へ行くかが決められます。

・等活地獄…死者同士で骨になるまで戦う。
・黒縄地獄…熱鉄の縄で筋をつけられる。
・衆合地獄…鬼やライオンに食べられる。
・叫喚地獄…大鍋に入れられて食べられる。
・大叫喚地獄…舌を刺し貫かれる。
・灼熱地獄…熱鉄の棒で何度も突かれる。
・大焦熱地獄…炎の刀で体の皮を剥ぎとられる。
・阿鼻地獄…罪の思い者が落ちる場所。幾重もの罰が繰り返される。

■極楽浄土への道

地獄へ落ちるのはもちろん嫌ですし、六道のどれも苦しみを伴います。ではどうすれば輪廻を離れて極楽浄土へ行けるのでしょうか?

方法が一つあるとされています。それは生きている時に仏教を聞くこと。六道輪廻の根本原因を断ち切ることこそが極楽へ往ける方法なのだそうです。これだけ聞くと簡単に思えますが、実は多くの人がそれをしないのです。

このことから、お釈迦様は極楽浄土には往き易くして人なしと説いています。これは極楽浄土へは人間の努力では往くことができないが、阿弥陀仏のおはたらきで簡単に往ける、という意味。

普段私たちは自分の力を頼りに生きています。ですが時にはそれを過信しすぎてしまいます。自分の力も大事だけど、限界があるという教えなのです。

関連記事

  1. 日常的に使うあの言葉も実は仏教用語!?由来や意味を解説!

  2. お寺の収入の仕組みってどうなってるの?

  3. 神社とお寺のおみくじの違いってあるの?

  4. マインドフルネスで注目される座禅の効果とは?

  5. 知っているようで知らないマメ知識!お寺の絵馬について

  6. お坊さんを呼ばなくても葬式はできる?

  1. お寺でもらえる素敵な御朱印①

  2. お寺でマインドフルネスを学ぼう!座禅とヨガの違いとは?

  3. 七五三のお参りは神社?それともお寺?参拝作法の違いを解説!

  4. お寺で結婚式!意外と知られていない仏前式を徹底解説

  5. あなたは好き?嫌い?仏教と蛇の深い繋がり

記事