仏教における涅槃寂静とは

涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)とは、煩悩がなくなり安らかな境地のことと言われています。涅槃寂静を理解するには、諸行無常(しよぎようむじょう),諸法無我(しょほうむが)を知ることです。
※お寺、宗派によって考え方は変わります。

先日の記事を貼っておきます。

家で一人、無心でプリンを食べている状態を思い浮かべてください。甘すぎず、ほどよい甘さです。

プリンは、食べてしまえば無くなります。諸行無常です。

プリンは、卵、砂糖、牛乳などから出来ています。実体は何でしょうか。諸法無我です。

無心でプリンを食べている時は、心を乱し悩ませる煩悩がない状態です。涅槃寂静です。

わかりやすく、解説してみましたがプリンを食べる時に深く考える必要はありませんが、涅槃寂静を意識して食べても良いかもしれません。

※プリンの例は拡大解釈しております。プリンを食べれば涅槃寂静になるという保証はありません。

煩悩を無くすことが難しい現代では、諸行無常、諸法無我、涅槃寂静を意識しながらバランス良く生活することが大事だと思います。

関連記事

  1. 仏教における解脱とは

  2. お寺に伝えられる死後の世界とは?法要の大切さを学ぼう!

  3. 仏教における輪廻転生する6つの世界がある

  4. 仏教で煩悩を理解する2

  5. 仏教における諸行無常とは

  6. 仏教はどうやって始まったか

  1. 知っているようで知らないマメ知識!お寺の絵馬について

  2. 人形供養は日本独特の習慣?歴史や注意点について解説!

  3. 【超基本】お寺の正しい参拝方法はコレ!作法を抑えて正しい寺院め…

  4. お寺の収入の仕組みってどうなってるの?

  5. 7月盆(旧暦盆)期間を終えて

  6. お布施だけではない!お寺へのお礼にはどんなものがある?

  7. 厄年って何なの!?厄年はこう過ごすのがベスト!

  8. お寺のイメージ

    注目の「お寺カフェ」とはどんなカフェ?人気の理由を紹介

記事