仏教における写経とは

写経(しゃきょう)は、お経を写すことです。インターネットや印刷技術が発達していない時代に、仏教を広めるために行われていました。写経することで、お経の内容を深く理解することに効果的です。

日本では、ほとんどの写経は漢訳をそのまま写します。全て漢字で書かれているため、理解することが難しいです。写経をする場合は、事前に内容を調べておくと良いです。もちろん、日本語訳されたお経の写経をすることも可能です。そちらの方が理解しやすそうです。

お経とは、何かについては先日の記事を貼っておきます。

どんなお経を写経するのか

決まったお経を写経することは、ありません。お経の種類は8万種類以上あります。各お寺や宗派では、代表的なお経を写経しています。もちろん、個人で選んでも良いです。

写経の効果

現代での写経効果は集中力を養う、心の安定化などではないでしょうか。お釈迦様は、苦しみから解放され安らかに生きるための方法を説いてました。ストレスの多い現代では、写経で心身に良い効果が期待できます。

写経のやり方

決まったルールはありません。お経、書くもの、紙があれば出来ます。お寺で写経をする場合は作法がありますのでご確認下さい。はじめて写経する人は、お寺で指導してくれるので気軽に行ってみてはいかがでしょうか。写経をする時は、静かな所で集中出来る場所が良さそうです。

※お寺、宗派によって考え方は変わります。

関連記事

  1. お寺に蓮が多いのはなぜか?仏教と蓮の深い関係性

  2. 仏教における輪廻転生する6つの世界がある

  3. 仏教におけるお経とは

  4. 仏教における坐禅とは

  5. 日常的に使うあの言葉も実は仏教用語!?由来や意味を解説!

  6. 仏教における輪廻転生とは

  1. 悪いことをすると地獄に落ちる!?仏教における地獄の世界

  2. カレンダーにある六曜の意味とは?冠婚葬祭との関係性

  3. 落語のルーツは仏教だった!

  4. お坊さんを呼ばなくても葬式はできる?

  5. 仏教において猫は嫌われ者だった!?

記事