仏教における写経とは

写経(しゃきょう)は、お経を写すことです。インターネットや印刷技術が発達していない時代に、仏教を広めるために行われていました。写経することで、お経の内容を深く理解することに効果的です。

日本では、ほとんどの写経は漢訳をそのまま写します。全て漢字で書かれているため、理解することが難しいです。写経をする場合は、事前に内容を調べておくと良いです。もちろん、日本語訳されたお経の写経をすることも可能です。そちらの方が理解しやすそうです。

お経とは、何かについては先日の記事を貼っておきます。

どんなお経を写経するのか

決まったお経を写経することは、ありません。お経の種類は8万種類以上あります。各お寺や宗派では、代表的なお経を写経しています。もちろん、個人で選んでも良いです。

写経の効果

現代での写経効果は集中力を養う、心の安定化などではないでしょうか。お釈迦様は、苦しみから解放され安らかに生きるための方法を説いてました。ストレスの多い現代では、写経で心身に良い効果が期待できます。

写経のやり方

決まったルールはありません。お経、書くもの、紙があれば出来ます。お寺で写経をする場合は作法がありますのでご確認下さい。はじめて写経する人は、お寺で指導してくれるので気軽に行ってみてはいかがでしょうか。写経をする時は、静かな所で集中出来る場所が良さそうです。

※お寺、宗派によって考え方は変わります。

関連記事

  1. 仏教における輪廻転生とは

  2. 仏教における涅槃寂静とは

  3. 仏教における一切皆苦とは

  4. 仏教の13宗派の違いとはなにか?すごく簡単にご紹介!

  5. お釈迦様は何歳まで生きてたのか

  6. お寺に伝えられる死後の世界とは?法要の大切さを学ぼう!

  1. 東京の根津から鶯谷散策

  2. お寺でもらえる素敵な御朱印

  3. オンライン法事への試み

  4. 7月盆(旧暦盆)期間を終えて

  5. お寺に伝えられる死後の世界とは?法要の大切さを学ぼう!

  6. お寺でマインドフルネスを学ぼう!坐禅とヨガの違いとは?

  7. お寺の鐘にはどんな意味があるのか?

  8. お寺でクリスマスって、本当のところどうなの!?

記事