精進料理とは

精進料理(しょうじんりょうり)は、肉や魚など動物性の食品を使わずに野菜や穀物などの食品のみを使った料理です。仏教では、殺生や煩悩を抑えるため修行僧の食事と言われています。時代、地域によって精進料理は変化していきました。

仏教では殺生を禁ずる目的から、三厭(さんえん)と呼ばれる獣・魚・鳥の動物性の食品を食べることをは避けられています。五葷(ごくん)と呼ばれるネギ属などに分類される野菜も食材として使用することは避けられています。理由は、刺激が強く臭いもあるためです。

精進料理は食材と向き合い、なるべく無駄が出ないように調理されます。食事中は音を立てないようにします。食事中も修行のひとつと言われています。精進料理を食べることが出来るお寺もあります。食事方法については、マナーがありますので事前に確認して下さい。

私が初めて精進料理を食べた時はマナーを調べておらず、かなり戸惑いました。普段の生活では食べる機会がない精進料理を是非いかがでしょうか。

※お寺、宗派によって考え方は変わります。

関連記事

  1. ネットでお坊さんを頼める時代!

  2. お寺のイメージは何ですか

  3. 人形供養は日本独特の習慣?歴史や注意点について解説!

  4. 7月盆(旧暦盆)期間を終えて

  5. 【超基本】お寺の正しい参拝方法はコレ!基本のお作法を抑えて正しい寺院めぐりを

  6. 仏教から生まれた精進料理に注目!

  1. 悪いことをすると地獄に落ちる!?仏教における地獄の世界

  2. カレンダーにある六曜の意味とは?冠婚葬祭との関係性

  3. 落語のルーツは仏教だった!

  4. お坊さんを呼ばなくても葬式はできる?

  5. 仏教において猫は嫌われ者だった!?

記事