お釈迦様は何歳まで生きてたのか

仏教を始められたお釈迦様ですが、紀元前ごろの時代で、なんと80才まで生きていたと言われています。お釈迦様が亡くなったことを入滅(にゅうめつ)、または仏滅(ぶつめつ)と言います。ちなみに、日本のカレンダーにある仏滅は仏教とは関係ないそうです。カレンダーの仏滅などは、六曜(ろくよう)と言われて中国の考え方が日本に入ってきてカレンダーに、いつの頃からか記載されるようになりました。お釈迦様が亡くなったから悪い日という事ではなく、あくまで六曜の考えによる悪い日ということだそうです。

紀元前で80才

紀元前は、医学や科学が発達していなかったので30才まで生きることが大変だった時代です。そのような時代に80才まで生きるということも人々を惹きつけたのかもしれません。

オンライン♪お寺トーク会

昨日(6月3日)、オンライン会議システムのZOOMでお寺トークしました。初めての開催ということで、参加者は3名でしたが、とても有意義なお話しをすることが出来ました。山間部のお寺で副住職をされている方でお寺の未来について、とても考えられている方です。後日、第2回も開催するとのことでした。宗派は問わず、多くの方はお話し出来ればと言われてましたので是非ご参加ください。

TERA SEARCH 寺サーチでも、お寺のお手伝いできることがあるかと日々考えております!

関連記事

  1. 仏教における涅槃寂静とは

  2. 仏教における輪廻転生とは

  3. 仏教におけるお経とは

  4. お経って何を言っているの?有名な般若心経(はんにゃしんぎょう)を紹介

  5. 日常的に使うあの言葉も実は仏教用語!?由来や意味を解説!

  6. 仏教における解脱とは

  1. 人形供養は日本独特の習慣?歴史や注意点について解説!

  2. お布施だけではない!お寺へのお礼にはどんなものがある?

  3. お寺でもらえる素敵な御朱印

  4. 仏教における解脱とは

  5. 仏教における涅槃寂静とは

  6. 仏壇はどうやって処分したらいい?4つの方法と相場を解説!

  7. 仏教における諸行無常とは

  8. カレンダーにある六曜の意味とは?冠婚葬祭との関係性

記事